So-net無料ブログ作成
濱野皮革工芸 ブログトップ

濱野皮革工芸オンライン(バッグ) <A4ファイルが余裕で入る、キャリアのためのボストン> [濱野皮革工芸]




<A4ファイルが余裕で入る、キャリアのためのボストン>


前回初めての受付の際は、受付開始当日中に30個のご注文を頂き、製作が決定いたしました。その後もたくさんのお問合せを頂きありがとうございました。投票受付の準備が整いましたので、本日より開始いたします!

 


ファスナーでしっかりと閉まってA4用紙よりも一回り大きいファイルがたっぷり入る大判バッグの登場です。
A4より大きいサイズが入るトートバッグはよく見かけますが、ファスナーでしっかり上がしまるボストンタイプでこのサイズはなかなか珍しいのではないでしょうか。
こちらのバッグは、継ぎのない大判の一枚革を贅沢に使用するため、一定数を超える数を製作することが決定していなければ革を仕入れることが難しく、また、職人がバッグを作り上げる工程の関係からも30個分のみ、お作りすることができる商品となっております。


そこで今回のご紹介は皆様からのご投票という形を取り、<9月14日(木)18時~9月20日(水)17時>までに30個のご注文を頂いた時点で製作決定」とさせて頂きたく思います。(ご注意:投票期間内でも30個のご注文を頂いた時点で投票受付は終了となります。)


濱野皮革工芸オンライン(バッグ) 普段使いにオススメ!B5サイズのディライトトート [濱野皮革工芸]

肩からかけられるB5サイズは、普段使いにもオススメ
グレースシリーズの革は、柔らかな仔牛革だけを厳選しております。
今回はご用意できた革でお作りできる、各色10本のご紹介となります。
落ち着きのある革のバッグの表情からはイメージしにくい意外な軽さと、使い勝手のよいつくりで、“行動派のバッグ”としてご紹介以来、濱野を代表するバッグとなった「ディライトトート」。

その「ディライトトート」からミディアムサイズが登場しました。持ちやすいB5サイズになって、肩からかけられるのが嬉しいミディアム。

B5の入るバッグは普段のお出かけにも気軽にお使い頂けるサイズ。「ディライトトート」ではちょっと大きすぎるという方にもお持ちいただきやすくなりました。

サイズバランスにこだわったバッグを、ぜひご覧下さいませ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


濱野皮革工芸オンライン(バッグ) <くったりとした素材の雰囲気にこだわった、A4の入るトートバッグ> [濱野皮革工芸]




<くったりとした素材の雰囲気にこだわった、A4の入るトートバッグ>









本日ご紹介するのは、A4サイズで口が広いため何でも放り込める気軽さが嬉しい「Freia(フリーエ)」。両サイドにも金具とベルトでアクセントを付けたので、小脇に抱えた時にも存在感を放ちます。
アンティークで味わい深い色の濃淡が出るように、色を丁寧に重ねていく手染めで仕上げた牛革を用いるこのシリーズ。
手染めのため、一度に染められる革が限られ、金具もオリジナルの物を製作する関係で、一度に多くの数を仕立てることが難しいバッグでもあります。今回は、各色10個限定でご案内いたします。


ラグジュアリーカジュアルシリーズは、“自分だけのくつろぎの時…せわしない日々の中で、とても貴重で贅沢な時間を大事に過ごして欲しい”という想いを込めて作られたシリーズです。

今日おしゃれお出かけしましょう♪


濱野皮革工芸オンライン(バッグ) <くったりとした素材の雰囲気にこだわった、A4の入るトートバッグ> [濱野皮革工芸]




<くったりとした素材の雰囲気にこだわった、A4の入るトートバッグ>









本日ご紹介するのは、A4サイズで口が広いため何でも放り込める気軽さが嬉しい「Freia(フリーエ)」。両サイドにも金具とベルトでアクセントを付けたので、小脇に抱えた時にも存在感を放ちます。
アンティークで味わい深い色の濃淡が出るように、色を丁寧に重ねていく手染めで仕上げた牛革を用いるこのシリーズ。
手染めのため、一度に染められる革が限られ、金具もオリジナルの物を製作する関係で、一度に多くの数を仕立てることが難しいバッグでもあります。今回は、各色10個限定でご案内いたします。


ラグジュアリーカジュアルシリーズは、“自分だけのくつろぎの時…せわしない日々の中で、とても貴重で贅沢な時間を大事に過ごして欲しい”という想いを込めて作られたシリーズです。


濱野皮革工芸 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。